HOMEOperation

運営組織(敬称略・順不同)

お台場海苔つくりの会は、『お台場環境教育推進協議会』を中心として、以下の組織で運営・実行されています。

お台場学園港陽小学校/教職員

『お台場の海で海苔を育てよう』をテーマに、5学年の『総合的な学習の時間』に位置づけ、学校、地域の特徴を生かし、地域の人々との連携を図りながら教材を開発しました。 そして、啓発的な体験学習を推進しています。すでに7年目を迎え、環境と生態系の回復、食育等にかかわる体験学習を目的とした活動として、定着しています。
教職員が運営かかわっています。本教育プログラムは実施に際して、地域のほか、専門家による実技指導、物品の提供、講師派遣の協力支援及び港区、東京都、国土交通省などの公的機関の予算面や事業面での支援を得ており、全国でもめずらしい環境学習のための教育活動として注目されています。
(お台場学園港陽小学校校長・副校長・担当教員/お台場学園港陽小学校/PTA)

地域住民

お台場学園港陽小学校5学年の恒例行事として、5学年の保護者を中心に、運営・実行しています。
学校教育の一環でありながら、お台場の海、地域の環境/問題など保護者や地域住民にとっても学ぶことの多い学習機会であり、毎年多くの理解・協力を得て活動しています。毎年2月に学校前に並ぶ板海苔は、今や台場の風物詩になり、全国TVニュースや新聞などの取材を受けるほどの地域・学校行事としてとして注目されています
(お台場学園港陽小学校5学年保護者/お台場地区住民有志)

民間団体/行政組織

(海をつくる会/遠忠食品/国土技術政策総合研究所/金沢八景-東京湾アマモ場再生会議/東京湾の環境を良くするために行動する会/みなと総合研究財団/東邦大学/船の科学館/福田海苔店)

港区

港区芝浦港南地区総合支所として、台場の海(海域)の利用許可申請、海上保安庁、東京都港湾局への許可申請などを行い、地域住民の交流と地域活動の促進を行っています。
多くの方に参加いただき、身近なお台場の海に触れ、海苔の育成を学び、地域の魅力や愛着を育む活動を支援することで、地域住民の交流の場を促進することを目的として活動支援を行っています。
(芝浦港南地区総合支所)

お台場環境教育推進協議会

お台場学園港陽小学校を中心に実施される地球にやさしい、夢のある学校・地域を目指す取組み支援を理念とし、お台場の自然資源である海を活用した環境教育を推進させ、地域の人材を活用したお台場における海草藻類(アマモ・海苔等)の育成を行い、生長する過程とその役割を学習する教育活動を推進しています。
(東京都港湾局臨海開発部/東京港埠頭株式会社公園事業室/国土交通省関東地方整備局東京港湾事務所/木更津・金田の浜活性化協議会/都漁連内湾釣漁協議会/NPO法人海辺つくり研究会/お台場学園港陽小学校/お台場学園港小学校/PTA/港区芝浦港南地区総合支所 以上9団体)

注:『お台場学園港陽小学校』の正式名称は、『港区立小中一貫教育校お台場学園港陽小学校』となりますが、文中にておいてはスペースの都合上『お台場学園港陽小学校』と表記しています。

運用基準

(趣旨)
第1条 インターネットを利用したお台場ホームページ(以下「ホームページ」という。)を運用するに当たり必要な事項を定めます。

(運用)
第2条 ホームページを運用するにあたっては、個人情報に十分留意し、台場地域住民等への地域情報の提供や情報の収集を行い、地域の情報化の充実、コミュニティーの振興に役立つとともに豊かなお台場ライフの向上に努めるものとします。

(利用範囲)
第3条 ホームページの利用の範囲は次のとおりとします。
(1)台場地域情報の掲載
お台場干潟再生プロジェクト(ふるさとの海づくり)事業関連情報をはじめとして、芝浦港南地区総合支所、港陽小・中学校、港陽小学校PTA、青少年対策お台場地区委員会、お台場地域スポーツ振興運営協議会、台場地区防災協議会及びこれらに類する台場地域の組織・団体等の情報を掲載し、地域の情報化に努めます。
(2)フォームメールによる情報の収集
フォームメールを活用し、掲載内容等に関する意見、要望、提案などを収集し、地域事業等の運営に役立てます。

(掲載できない情報)
第4条 次の情報は、ホームページへの掲載を禁止することとします。
 (1)法令等に違反するもの
 (2)公序良俗に反するもの
 (3)人権を侵害するおそれがあるもの
 (4)犯罪等に利用されるおそれがあるもの
 (5)特定の一企業の宣伝を含むもの
 (6)営利目的の広告(アフィリエイト等)を含むもの
 (7)宗教活動及び政治活動を目的としたもの
 (8)台場地域住民の生活や、コミュニティーの振興と直接関わらないもの

(掲載する個人情報の取扱い)
第5条 個人情報(個人に関する情報であって、特定の個人が識別され、又は識別され得るものをいう。)は、次の場合に限り掲載することができることとします。
 (1)本人の同意がある場合
 (2)法令等に定めがある場合
 (3)出版、報道等により公にされている場合

(受信した情報の取扱い)
第6条 受信した情報は、次に定めるところにより適正な管理を行います。
 (1)個人情報は、本人に意見等の回答をするとき以外使用しません。
 (2)収集した情報は、著作権法及び関連法規等を遵守し、適正に管理をします。

(ホームページの管理・運用)
第7条 ホームページのシステム管理と、ホームページの運用については、NPO法人海辺つくり研究会を事務局とした実行委員会で行ないます。

(掲載情報の作成)
第8条 ホームページに情報を掲載しようとするものは、第3条及び第4条に留意して情報を作成し、実行委員会へ送付します。
実行委員会は、情報の掲載依頼を受けたときは、内容について検討し、第3条及び第4条に抵触するときは、情報提供者に対して情報の内容を修正あるいは取下げさせることができます。

(電子メール)
第9条 電子メールによる情報の収集は、次のとおりとします。
 (1)情報の収集及び管理は、実行委員会が行います。
 (2)電子メールの意見等については必要に応じて、個人情報を除き実行委員会から関連団体へ情報提供します。

(リンク基準)
第10条 お台場ホームページと他のホームページをリンクするときは、次のとおりとします。
1 お台場ホームページから他のホームページへ行くためにリンクできる団体は次のとおりとします。
 (1)お台場環境教育推進協議会会員
 (2)台場地域に関連する官公署及びその外郭団体
 (3)台場地域に関連する公益法人、NPO法人
 (4)その他実行委員会が特に有益であると認めた場合
2 他のホームページからお台場ホームページにリンクさせる場合は、次の条件をすべて満たさなければならりません。
 (1)公序良俗に反しないこと。
 (2)人権を侵害する恐れがないこと。 
 (3)犯罪等に利用される恐れがないこと。
3 他のホームページから、お台場ホームページへのリンクを希望する場合は、第2項に反しない限り、原則的に自由にリンクすることができることとします。ただし、必ず実行委員会へ通知することとします。
4 第1項及び第2項の条件に該当しなくなったときは、リンクを解除、あるいはリンクの解除を求めることができます。

(その他)
第11条 この基準に定めるもののほか必要な事項は、実行委員会が別に定めます。
付 則
 この基準は、平成21年8月31日から平成22年3月31日までとします。

このページのトップへ